脱メタボまでの道のり

40代でもモテる男性でいたい!!

メタボ健診とは?受診しないとペナルティーがあるの?

投稿日:

「メタボ」が流行語になったのが、2006年。
もう、10年以上経つわけです。

あのころ「メタボw 関係ねぇ!www」とか粋がってたボク。
今は「メ、メ、メタボ?(((( ;゚д゚))))」と現実逃避してます。

さて、自分はメタボなのか、どうなのか・・・。
今回は、メタボ健診について調べたので解説します。

では、さっそく説明してきますね。

メタボ健診とは?目的は?

メタボの判定・診断は特定健康診査でしてもらえます。
そして、特定健康診査で引っかかると、特定保健指導の対象になります。

では、特定健康診査と特定保健指導っていったい何でしょう?

じつは、この特定健康診査のことを別名「メタボ健診」と言います。
それぞれ、もう少し詳しく説明しますね。

特定健康診査(メタボ健診)とは?

特定健康診査は、略して「特定健診」と呼ばれます。
また、メタボの発見を目的としているので「メタボ健診」とも言われます。

ポイント
メタボ健診は、40歳~74歳のすべての国民が対象です。年1回の健診を行い、その結果を踏まえて特定保健指導を行います。
メタボ健診と保健指導の実施は、健康保険組合などの医療保険者に義務づけられています。

さて、メタボ健診は一般的な健康診断と何が違うのでしょうか?

一般的な健康診断は「生活習慣病予防健診」と呼ばれます。
メタボ健診は、この一般健診からメタボ発見に絞った項目を抜粋したものです。

協会けんぽの山梨支部に、分かりやすい表が載ってました。
一部、省略して引用します。

項目 一般健診 特定健診
診察 問診
計測 身長
体重
標準体重・肥満度
腹囲
理学的所見(身体診察)
血圧  
脂質 総コレルテロール定量  
中性脂肪
HDL-コレステロール
LDL-コレステロール
肝機能 AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GT(γ-GTP)
ALP  
代謝系 空腹時血糖
ヘモグロビンA1c
尿酸  
血液一般 ヘマトクリット値
血色素判定
赤血球数
尿・腎機能 尿糖 半定量
尿蛋白 半定量
潜血  
血清クレアチニン  
生理学検査 12誘導心電図
眼底検査
胸部エックス線検査  
喀痰細胞診    
上部消化管エックス線検査  
胃部内視鏡検査  
視力  
聴力  
その他保険者が任意に行う検査 HBs抗原  
HCV抗体  
便潜血  
直腸検査  
子宮頸がん(スメア方式)  
乳がん(視診・触診)  
乳がん(エックス線)  
医師の判断 医師の判断(判定)
医師の意見    

○…必須項目
●…空腹時血糖の検査が実施できない場合
■…医師の判断に基づき選択的に実施する項目
△…希望により実施する項目

一般健診を受けておけば、メタボの判定もできるということですね。

ちなみに、費用や検査項目は所属する健康保険組合によって違うようです。
よく確認しておきましょう。

特定保健指導とは?

特定健診の受診者は、メタボ発症リスクに応じて3つのグループに分けられます。
そのあと、各グループに合わせて行われる指導が、特定保健指導です。

特定保健指導のグループ

  1. 情報提供
  2. 動機づけ支援
  3. 積極的支援

メタボ健診で特に問題がなければ、健診の結果確認程度の指導で済みます。

メタボ予備軍と診断された場合は「動機づけ支援」が行なわれます。
動機づけ支援は、以下の方法で進んでいきます。

  1. 個別面接またはグループ学習
  2. 6か月後、生活習慣改善状況を確認

メタボリスクが高い人には「積極的支援」が行われます。
積極的支援は、以下の方法で進んでいきます。

  1. 個別面接またはグループ学習
  2. 3~6か月間、個別にサポート
  3. 6か月後、生活習慣改善状況を確認

あまり、お世話になりたくないですね。

メタボ健診の受診率と特定保健指導の実施率

みんな、どれぐらいちゃんとメタボ健診を受けてるのでしょう?
気になりますね。

厚生労働省の資料によると、以下のような結果になっています。
参考 特定健康診査・特定保健指導の実施状況に関するデータ

平成26粘度の結果

  • 特定健康診査の受診率 → 48.6%
  • 特定保健指導の実施率 → 17.8%

あまり良くない結果ですね。

メタボが引き起こす動脈硬化は、重症化するまで自覚症状がないそうです。
メタボ健診や保健指導への関心が高まらないのも、そのへんが理由ですかね?

たとえば、国交省のホームページにこんな例が載っています。

54歳で脳梗塞を発症したAさんは、30代から肥満があり、42歳で高トリグリセリド(中性脂肪)を指摘され、44歳で高血圧、低HDLコレステロールなどのリスクの重なりが認められました。

もしリスクが出はじめた42歳で「動機づけ支援」が行われ、あるいは少なくとも44歳の時点から「積極的支援」が行われていれば、Aさんは脳梗塞にならずにすんだと考えられるのです。
引用:e-ヘルスネットより

脳梗塞は、青天の霹靂(へきれき)のように起こるイメージです。
でも、その原因をたどれば30代のころからの肥満かもしれないわけです。

まずは、メタボ健診を受診する。
そして、結果が良くなければ正しく恐れて保健指導を受ける。

自覚症状がなくても、危機感を持てるかどうかですね。

メタボ健診は何歳から?未受診ペナルティーは?

さて、メタボ健診は、何歳から受診すべきでしょうか?

農林水産省が、食育に関する意識調査を行っています。
この調査によると、8割以上の人がメタボの予防や改善に関心があるそうです。

「メタボ」は、男性より女性の方が関心度が高いですね。
男性は40代から、急激に意識しだすようです。
参考 農林水産省「食育に関する意識調査報告書(平成28年3月)」

一方、厚生労働省の調査によると、男性は40代の肥満割合が多いです。
参考 平成27年 国民健康・栄養調査結果の概要(PDF)

ふたつの調査を見ていると、40代男性の心理がわかりますね。
やばい、太ってきた・・・メタボ!?」みたいな。

さきほどの厚労省調査を参考にすると、女性は40代から。
男性は成人したら、必ず健診を受けて関心を持っておくべきですね。

メタボ健診は法律で義務化されている?

メタボ健診は、法律で義務化されています。
といっても、受診者ではなく医療保険者の話です。

医療保険者とは?
加入者から保険料を徴収して、医療保険事業を運営する団体。加入者に対して各種保険給付を行う。
全国健康保険協会(協会けんぽ)や会社の健康保険組合、共済組合などが該当する。

メタボ健診義務化は「健康保険法等の一部を改正する法律」にもとづきます。
参考 健康保険法等の一部を改正する法律(PDF)

ちなみに、40歳以上の加入者に、メタボ健診と保健指導を行う義務があります。
成果は厳しく評価され、ペナルティもあります。

一方、受診者は義務化されていません。
今のところ、受診しなかった場合のペナルティーもありません。

でも、医療保険者がペナルティーを受けると・・・。
加入者の保険料が上がるかもしれません。

ペナルティーで保険料が上がる例

  1. メタボ健診と保健指導の目標未達成
  2. ペナルティーが科せられる
  3. 後期高齢者医療制度の支援金上乗せ
  4. 医療保険者の支出が増える
  5. 加入者の保険料値上げ

それに、まんがいち心筋梗塞や脳梗塞を起こせば・・・。
これ以上のペナルティーはありませんよね?

年に1回、一般健診かメタボ健診でセルフチェックしておきたいですね。
メタボの診断基準はこちらで解説しています。

アラフォーになったらメタボの基準ぐらい知っておけ!震え声

きっと、みんな感じてますよね? アラフォーになったぐらいから「なんか太りやすくなった」って。 たぶん、基礎代謝の能力が落ちてるのかな?って思います。 そのうち、日課で何か運動を始めねば・・・。 とりあ ...

続きを見る

まとめ

メタボ健診は、特定健診(特定健康診断)の別名です。
特定健診は、一般健診からメタボ発見に項目を絞った健診です。

成人女性は、40代から。
成人男性は、全世代でBMI25以上の肥満割合が多いです。

メタボは動脈硬化になるリスクを上げます。
動脈硬化は「自覚症状が出たときには手遅れ」になりやすいです。

健康診断を毎年受診して、メタボチェックしておきたいですね。

-メタボについて

Copyright© 脱メタボまでの道のり , 2019 AllRights Reserved.